アレグラについて説明する女性

花粉症は抑えたいが、薬による眠気は抑えたい。そんな方にはアレグラがオススメ!眠気は抑えつつ、効き目もバッチリ!服用時の注意点も含め、アレグラを購入する方法などを詳しく教えていきます。

アルコールとアナフィラキシーショックとアレグラ

日本人にはアセトアルデヒドを分解できない下戸タイプの人も多いと言われています。
そういう人は、アルコールアレルギーを発症する可能性もあります。アセトアルデヒドが原因物質です。アセトアルデヒドは肝臓でアルコールが分解された時に生じる物質で、二日酔いの原因になります。
アセトアルデヒドが分解されないで残ってしまい、血液中には行って脂肪細胞を刺激すると、かゆみを引き起こすヒスタミンを放出させる原因になります。
飲まなければ良いというだけではなく、お酒が使われた料理にも注意が必要です。知らずに食べてアレルギー反応が起きてしまうこともあります。また、化粧品に含まれているアルコール成分がアレルギー反応を引き起こしてしまう場合もあります。アルコールアレルギーのある人は、アルコールフリーの化粧品を選んで使うようにしましょう。
食物アレルギーで一番怖いのが、アナフィラキシーショックです。アレルギー反応の最も激しい症状と考えておけば良いです。
蕎麦や鯖などの青魚、果物などに過剰反応して、アナフィラキシーショックを起こす場合もあります。アナフィラキシーショックが起きた場合には、速やかにエピペン注射を使って対処するようにします。危険性の高い食物アレルギーを持っている人は、エピペン注射を携帯していることが多いです。この時の注射は学校の先生や保育士など、医師免許を持たない人でも使えることになっています。
通常程度のかゆみや鼻づまりの症状に対しては、アレグラで症状を抑えることができます。かゆみや鼻づまりの原因になるヒスタミンの働きを抑えてくれるので、症状が和らげられます。薬局でも売っているので、万が一のときのために常備しておくと良いでしょう。