アレグラについて説明する女性

花粉症は抑えたいが、薬による眠気は抑えたい。そんな方にはアレグラがオススメ!眠気は抑えつつ、効き目もバッチリ!服用時の注意点も含め、アレグラを購入する方法などを詳しく教えていきます。

アレグラの気管支炎に対する効果と肝機能の数値

気管支炎になった場合には、気管支を広げなければならないので、アレグラではなく、鼻づまりや喘息などに効くアレルギー剤を服用する必要があります。アレグラは基本的にはくしゃみや鼻水を止める作用が強いのですが、鼻腔や気管支を拡げる作用はあまり強くありません。また気管支炎は喘息の発作止めのスプレータイプの薬などを用いることで、症状を素早く改善することができます。免疫力が低下していると気管支が炎症を起こしやすくなるので、ジョギングやマラソンなどを走る場合には、とくに注意が必要です。マラソンなどをすると呼吸の回数が多くなるので、気管に対して大きな負担になります。さらに体力が低下することで炎症を引き起こしやすくなって、翌日などに気管支炎を発症します。また山登りなども体力を消耗するので、気管支などに炎症が起こりやすくなるので、無理のない計画をたてることが大切です。アレルギー剤を高齢者が服用する場合には肝機能の数値が悪化するリスクが高いので、数値がなかなか戻らない場合には薬を変更するなどの対処が必要となります。子供が風邪をひくと気管支炎になりやすいのですが、アレルギーが原因の場合も多いので、くしゃみや鼻水を止めるためのアレグラと、気管支拡張剤を併用して、鼻水が気管支に入って、炎症をおこすのを予防することもできます。長期服用をすると肝機能が低下しやすいので、花粉の時期などに限定をして服用することが重要ですが、アレルギーの症状が一年中出る場合には、定期的に血液検査をして肝機能の数値を確認しながら薬の服用を継続します。アレグラと同じ成分の薬はドラッグストアでも購入することができますが、病院で処方される薬は保険適用されるので、安い価格で手に入れることができます。