アレグラについて説明する女性

花粉症は抑えたいが、薬による眠気は抑えたい。そんな方にはアレグラがオススメ!眠気は抑えつつ、効き目もバッチリ!服用時の注意点も含め、アレグラを購入する方法などを詳しく教えていきます。

アレグラの特殊な効能

花粉症になると仕事や勉強にも影響がでるので、かなりつらいと感じている人もいることでしょう。花粉症によく効く治療薬を服用する人もいますが、眠気などの副作用があることも多く、仕事や勉強に悪い影響がでるので服用したくないという人もいます。アレグラは花粉症の治療薬で、よく効き眠気の副作用も少ないというので、とても人気のある治療薬です。処方薬だけでなく市販薬も販売されているので、誰でも利用しやすいのも人気のある理由でしょう。アレグラは花粉症の症状の緩和の他に、特殊な効能として蕁麻疹や皮膚疾患、喘息の予防があります。虫刺されなどによる皮膚炎や、アトピーによる皮膚のかゆみを押さえる効果もあります。乾燥で肌がかゆい場合の症状の改善にも効果があるので、いろんな人が利用しています。ただし市販のアレグラFXは、アレルギー専用鼻炎薬なので、皮膚症状には効果はありません。アレグラを飲んでからどれくらいで効果がでるのか、気になる人もいると思いますが、効果がでるのは飲んでから1~2時間程度です。効果がでやすいのは、2時間後で効果が半減するのは10時間後くらいです。アレグラの効果が持続する時間は、個人差はありますが、だいたい8~12時間くらいです。朝と晩2回服用すると、だいたい24時間くらいは効き目が続きます。鼻炎などのアレルギー症状を緩和するための薬を抗ヒスタミン薬といいますが、抗ヒスタミン薬は脳の活動を抑える働きもあるため、どうしても眠くなってしまいます。しかしアレグラは脳に移行しない抗スタミン薬として開発されているので、眠気をあまり感じずにすみます。病院で処方するアレグラは12歳以上が対象ですが、市販のアレグラFXは15歳以上が対象なのでよく確認してください。