アレグラについて説明する女性

花粉症は抑えたいが、薬による眠気は抑えたい。そんな方にはアレグラがオススメ!眠気は抑えつつ、効き目もバッチリ!服用時の注意点も含め、アレグラを購入する方法などを詳しく教えていきます。

アレグラは花粉症の症状を改善する効果を持った錠剤

いまや、国民病とも言える花粉症ですが、昨今は有効な医薬品が開発されています。
アレグラがそうです。
抗アレルギー薬として、米国のサノフィ・アペンティス社によって開発されました。
アレグラは、アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を緩和させる効果を持ち、花粉症の時期に頻繁に処方されている錠剤です。
花粉症の薬でも、従来使われていた薬は眠気の副作用があるのですが、アレグラにはそれがなく、車の運転をする人には、アレグラが処方されることが一般的となっています。
アレグラは、通常、1日2回の経口投与するのが標準的な飲み方となっています。
医療機関で処方される場合は、1日1回朝食後もしくは夕食後との指定が多くなっています。
ただ、実際には、効果が最も明確に出てくるように服用するのであれば、食前服用がベストです。
とはいえ、食前服用と指定されても、うっかり忘れてしまう患者が多いのが現実なのです。
また、食前と食後の服用とで、さほどはっきりした効果発現の違いが出てくるわけではありません。
あえて食前服用にこだわることなく、食後服用でもとりたてて問題はないとされています。
いずれにせよ、担当医師の処方に従って服用することが大切です。
アレグラ錠は、第2世代抗ヒスタミン薬に属し、眠気や口の渇きなどといったの副作用が少ないのが大きな特徴です。
現在使われている花粉症の薬の中では、最も眠気が出ないと言われているほどです。
ただ、ごくまれに、頭痛や眠気、吐き気の症状が見られる事例も報告されています。
アレグラ錠は、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹など緩和させる効能があるだけでなく、炎症性サイトカイン産生抑制作用、好酸球遊走抑制作用などの効果もあって、花粉症が荒れ狂う季節に活躍しています。
アレグラ錠は、花粉症の症状を予防し改善する効果を持っています。