アレグラについて説明する女性

花粉症は抑えたいが、薬による眠気は抑えたい。そんな方にはアレグラがオススメ!眠気は抑えつつ、効き目もバッチリ!服用時の注意点も含め、アレグラを購入する方法などを詳しく教えていきます。

鯖とたけのこのアレルギー|アレグラで症状を抑える

鯖が、アレルギーの原因になることもあります。鯖などの青魚はDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富で、これにはアレルギーが起こりにくくさせる作用があるとも言われています。
しかし、そもそも魚にアレルギーがある人には鯖を食べるとじんま疹や口腔アレルギーを起こしてしまう可能性があります。
魚のたんぱく質はどの魚でもほぼ同じなので、特定の魚というよりも全ての魚に対してアレルギー反応が起きてしまうことが多いです。
身近な鯖も原因食物になります。
ただし、鯖を食べた時にだけアレルギーのような症状があられる場合には、単に鮮度が落ちていることが原因だったり、アニキサスが症状を引き起こしている可能性があります。これは魚アレルギーではない人でも起こりうる症状なので、アレルギーとは言いません。
なので、魚を除去する必要もありません。調べてみたら鯖アレルギーではなくて、単に鮮度が低いことが原因だったというケースも少なくないので、一度医療機関で調べてもらうようにしましょう。
ヒスタミンによるじんま疹の症状を抑えるには、アレグラという薬がよく使われます。アレグラはじんま疹を引き起こす原因物質のヒスタミンが放出されるのを抑えて、症状を改善させる作用があります。
たけのこを食べた時にも、アレルギー反応が起こることがあります。ただし、たけのこ自体にアレルゲンがあるわけではなく、たけのこに含まれているアセチルコリンという化学物質の作用によってアレルギーのような症状があらわれます。このときのアセチルコリンのような化学成分を、仮性アレルゲンと言います。
アセチルコリンの他にもヒスタミン、セロトニン、チラミンなどが仮性アレルゲンとして存在します。